FC2ブログ

思い出し感想152

昏き祟りの森で (hourglass)

1991年、W大学の民族研究室に通う加茂在憲は民俗学ゼミらしく、公文書ではなく民間
の記録を調べたかったが、研究室の主幹である源教授に卒論のテーマとして保元の乱
を勧められる。W県で見つかった真贋不明な古文書には恐ろし~い伝承が記されていて、
それにも関わらず現地には民間伝承として一切残っていない。失われた伝承を調査、
考察する事になるが、悪友の阿部泰親の提案でグループ研究という形を名目に
中宮聖子・堀河斎と監査役の三条操に泰親の妹である阿部音羽とフィールドワークも
そこそこにバカンス気分で出掛けるが・・・。
リゾートホテル建設に伴い起こる不可解な事象や怪異ともおぼしき現象に過去の綾篠の
地について纏わる伝承などを調べて行く中、在憲たちは否応無く巻き込まれて行く。


ホラー、オカルト系です。取り憑かれない様に進める事でエンディングに辿り着く。
ホラーとしては駄作、驚かす事をほぼ視野にいれていない。オカルトなので霊的な
絵を多少挟むが、今から出ますよとテキストなどで予告してくれているので多少
ビクっとする程度。エグい描写はあれど、グロ絵はほぼ皆無などちょっと何がしたい
のかイマイチよく解らない。個人的には苦手な部分なのでコレはありがたかったがw

BGMはメリハリがあり緊張感と緩和などのバランスは悪くなかったと思う。
ただ、取り憑かれたら貪る様に死ぬまでえっちしまくるというのが理解出来ない。
また祟りの元凶であるモノに触れてさえ憑依エロ展開とか・・・前例無視かよ!?
確かにただ呪い死ぬとエロゲとして成立しないんだろうが、それならそれで
何故エロくなる必要があるのかをもっと関連付け出来る要素を考えて欲しいかな?

個別エンドのえっちシーンはシンプルで普通で似たり寄ったりと物足りない
しかしバッドエンド方面は基本乱交で淫乱で淫語におねだりがあったり、
嫌がる心の声や嫌がりながらもレイプされたりと妖艶さや被虐さが入り混じり
なかなかに見応えのあるエロシーンだったと思います。

封印ルート?は助っ人が来てから他力本願な所もあるが盛り上がりもあり良かった。
サブキャラもイイ味出してたし、エロ要員としてもイイ働きをしてくれた。
方言っぽいしゃべりも良かったけど、過去話はちょっと現代風にしてるのか嘘臭いw

ザッピングシステムで視点変更して物語が進んで行く所もあるがあまり上手く使えて
いる印象がない
。物語の分岐と言うよりも全視点を見る事で全容を確認するみたいな
感じ?あと、エロシーンで女の子の視点から心の声とか聞けるのは良かった。

地図やメモとかあるのならそういうオプションをもう少し活用して欲しかった
電話もプッシュオンが全部同じと中途半端、アレなら番号押しとかいらんかったかな?
もうちょっと頑張って謎解き要素に攻めの選択肢など組み込めば面白かったかと

音声が全体的にこもってる感じがした、特に斎あと操とか少し違和感があった。

胸の大きさのガールズトークがあるが立ち絵のままでその立ち絵で見る限り大差無い。

泰親との対話で1シーン近く、テキストと音声の一つズレが続く。

そんなことより驚いたのは、操さんは全裸だった。
全裸のままで、俺の前を歩いていた。
(なんで全裸なんだ?操さんは……)
しつこいくらいに状況を繰り返すがその立ち絵は服を着ている

それから20分後。~ラブホテルの一室にいた。
とあるが、HCGが出るまで出掛けた街角の背景のままテキストが続く。露出プレイw

わ確から・・・w(私から?)

俺の鬼頭~・・・あるあるw
など、音声抜けやズレ・文章ズレ、誤字あり、差分不足で状況と画像が噛合っていない。

歴史・著名人・漫画・宗教・呪術とか雑学などの様々なネタが所々に会話の中に
ちりばめられている。時代背景に合わせてかネタ的に少し古い。歴史・宗教系はよく
解らんかった。元々歴史やオカルト系は苦手なんで知識があれば楽しむ事も出来たか?
雰囲気は悪くなかったと思う、エロさも十分だった。完成度がもう一声だったかな?

ノーマルエンド?が2つと個別エンド4つクリア後にオリジナルシナリオ(過去話)追加。
システム画面に終了ボタン無し、Windowサイズで×ボタンから終了するしかない。

関係無いけど、Silky'sの肉体転移が久しぶりにやりたくなった。

淫語伏字・規制音共に無し(一部ネタに伏字・規制音有w)。

昏き祟りの森で001s 昏き祟りの森で003s 昏き祟りの森で002s 昏き祟りの森で004s
昏き祟りの森で005s 昏き祟りの森で006s 昏き祟りの森で007s 昏き祟りの森で008s

公式サイト
http://www.hourglass-game.com/

テーマ : 18禁・美少女ゲーム
ジャンル : アダルト

プロフィール

@きっけ

Author:@きっけ
HenHouseへようこそ!

消せない足跡
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ